食品から摂取したい!葉酸が多く含まれている果物を知っておこう

妊娠中に摂取しておきたいのが葉酸です。

今は、サプリも販売されているので手軽に摂ることはできますが、できれば食品で摂取したいと考えている妊婦さんも多いでしょう。

とくに果物だと、つわりが起こっているときにも比較的食べやすいのでおすすめです。

妊娠中におすすめな葉酸を多く含む果物をチェックしてみましょう。

ドリアンは葉酸の宝庫

果物の中でも、ドリアンは葉酸の宝庫です。

ドリアンは100g当たり150μgの葉酸が含まれており、一度にたくさんの量の葉酸を摂取することができます。

生のドリアンは日本では購入することは難しいですが、ドライ状に加工された商品も販売されているので食べることはできるでしょう。

ただし、ドリアンは人によって好き嫌いの激しい果物になりますね。独特の臭いや味が苦手で、食べることができない人も存在しています。

元々ドリアンが好きな人にはお勧めな果物です。

さっぱりとした味わいが魅力のライチ

ドリアンと同様におすすめになるのがライチです。ライチには、100g当たり100μgの葉酸が含まれており、果物の中でも特に葉酸が多く含まれています。

ライチは、熱帯地方を原産としているため、新鮮な状態での流通量は少ないです。ただ、冷凍状態で販売されているため手に入れやすい特徴があります。

冷凍状態のライチは、半解凍で食べるとシャリシャリと美味しく食べることができます。また、さっぱりとした味なので、つわりの時でも食べやすくなっています。

多くの人が好きなイチゴ

葉酸は、毎日摂取することが大切です。その意味でも、イチゴはおすすめな果物になります。

イチゴは、スーパーでも購入することができるほど一般的な果物になるので食べたいと思った時に購入することが可能です。

しかも、生の状態で販売されているので新鮮な状態で購入することができます。

好みから葉酸の摂取を選んでみよう

葉酸の豊富な果物は色々と存在してます。それぞれに味や食感、食べやすさが異なっているので好みや体調に合わせて選んでみるとよいでしょう。

参考記事:https://mama-yousan.com/